バレンタインデーの基礎知識

2月14日が近付いてくると、どこもかしこもバレンタインデーの話題でもちきりになります。テレビコマーシャルなどを見ていても、チョコのコマーシャルの占める割合が一気に多くなったような印象を受けるのではないでしょうか?ところで、ここバレンタインデールーツはどのようなものなのでしょうか?バレンタインデーのルーツは、3世紀のローマにあります。当時のローマでは、戦争に出向くときの足かせや心残りになるということで、若者の結婚を禁じていました。しかし若い時といえば、異性にどうしても興味を持ってしまうものです。
そこで、バレンタインというキリスト教徒の人が、極秘裏に若い人に結婚式をとり行っていたといいます。しかしそれがいずれ、皇帝の耳に入ることになって、バレンタインは処刑されました。その日が2月14日で、これにちなんで、バレンタインデーは2月14日になったのです。そこからさらに200年後のローマでは、2月の14日にお祭りがおこなわれていたといわれています。お祭りの内容は、独身の男女がくじによって、付き合う相手を決めるというものです。しかしキリスト教では、これを風紀が乱れるということで、祭りを廃止してしまいました。キリスト教の殉教者を祀るためのお祭りになったといいます。ここから、バレンタインデーは少し穏やかになっていきます。そして欧米などでは、恋人たちがお互いにギフトカードであったり、ちょっとしたプレゼントをあげる日として定着をしていきます。
日本でバレンタインデーが本格的に定着をしてきたのは、1970年代といわれています。1950年代から、お菓子の会社やデパートなどで、このバレンタインデーに目をつけたのです。そして、「愛する男性にチョコレートを贈りましょう」と大々的に宣伝をしたことで、だんだんと定着していったといわれています。しかし昭和50年代の前半までは、純粋に好きな男性にチョコを送るのがバレンタインデーとされてきました。ところが、昭和50年代の後半となってくると、会社の部署の人に一度に大量にチョコを配る習慣が登場してきます。これが義理チョコのルーツといわれています。また義理チョコといえば、女性も気軽に渡せます。そこで、「偽装義理チョコ」というそうですが、好きな男性にあえて「義理チョコ」といって配るという作戦が出てきました。さらに最近では友チョコといって、女性同士でプレゼンをしあうという習慣も出てきています。
男性には上げないけれども、友チョコを渡すという女性も増えてきているといいます。3月14日になると、男性がお返しをするホワイトデーがあります。このホワイトデーですが、一見欧米がルーツのような感じがするかもしれません。しかし実は、日本がルーツなのです。ホワイトデーは、昭和50年代に入って、定着をしてきたといわれています。お菓子業界がさらに売れ時を探るために設定したのがルーツという説が有力のようです。